ひかる眼科の診療案内

院長の「やさしい」目の病気解説

斜視

症状

「斜視」とは、両目の視線が目標に向かってそろわず、片方の目の視線が別の方向に向かっている状態をいいます。

小児の約2%に見られ、眼の向きにより「内斜視、外斜視、上下斜視」に分けられています。目の位置の見た目の異常のほか、両眼視(両目で見たことで得られる立体感覚や距離感)の異常、はずれたほうの目が弱視などを伴うことがあります。

子供の場合は自分ではそれを訴えないので、大人が気付いてあげるか就学時健診で見つかるかが重要です。

原因

斜視の原因は、遠視などの視力障害、両眼視の異常、目を動かす筋肉の麻痺など、さまざまです。斜視の背後に重大な病気が隠れている例もあるので、まず原因をはっきりさせることが重要です

治療

斜視の治療は、年齢、発症時期や経過観察期間が重要なので、斜視に力を入れている医療機関で相談した方がよいでしょう。

治療方法には、「視能訓練」「メガネ処方」「斜視手術」などがあります。

遠視が原因の内斜視では、まず眼鏡による屈折矯正を行います。斜視の角度が小さい場合や、斜視による弱視が引き起こされていない場合は、経過観察や視能訓練、メガネ処方で対応できます。

斜視角が大きい場合や、眼鏡矯正での視力改善が不十分な場合には、手術が必要です。これも年齢や斜視の程度で適応が変わってきます。手術で眼位の矯正をしても両眼視機能が回復しないときは、さらに訓練を行います。

注)子供の斜視手術は全身麻酔となるため、設備のある病院を紹介いたします。


トップページに戻る診療のご案内ページに戻る