ひかる眼科の診療案内

院長の「やさしい」目の病気解説

網膜光凝固術(もうまくひかりぎょうこじゅつ)

眼科ではさまざまな場面でレーザーを駆使した治療を行っています。ここでは網膜に対するレーザー治療を説明いたします。

網膜光凝固術

網膜光凝固術とは網膜にレーザーを照射して新生血管の発生を防ぐ方法や、レーザー後の癒着を利用して網膜くっつけておく治療法です。次のような病気に適応されます。

糖尿病

「糖尿病が目に来る」と言った場合、その多くは「糖尿病網膜症」を指します。

糖尿病になったからといって、100%糖尿病網膜症になってしまう訳ではありませんが、血糖コントロールが悪い方や血糖が高い状態が長期間あった方などは起こしやすいといわれています。

初期のうちは「かゆい」「痛い」「見えない」などの自覚症状がほとんどないので、かなり進行するまで気づかれない場合が多いのが特徴です。糖尿病であることに気づいてない方もいらっしゃいますが、この期間が長い方は要注意です。また、糖尿病であっても内科の医師の話を聞かずに、眼科受診をしていなかった方も同様です。

糖尿病網膜症と診断された場合、初期であれば経過観察で十分で、「単純網膜症」と呼ばれます。これが悪化したときは「増殖網膜症」、かなり進行すると「増殖網膜症」と呼ばれます。

レーザー治療が必要になるのは、増殖前網膜症の段階に入ったときからです。

この時期から網膜の血流が途絶えたり、新しいけれど悪い血管である新生血管がでてきたりします。網膜にレーザーを照射して血流の需要と供給のバランスをとって新生血管の発生を防ぎます。これで視力回復をする訳ではありませんが、網膜症の進行は抑制されます。

単純糖尿病網膜症

単純糖尿病
網膜症

前増殖糖尿病網膜症

前増殖糖尿病
網膜症

 

増殖糖尿病網膜症

増殖糖尿病
網膜症

 

網膜静脈閉塞症

網膜の血流障害から広範囲な眼底出血が起こる病気です。高血圧や高脂血症を基盤として動脈硬化を来たし、その結果として網膜の血管が詰まり、その周囲に眼底出血を起こすものです。

これも、血流の途絶えたところが出来てしまい新生血管も生えてしまうことがあるため、網膜光凝固術を用いることがあります。

網膜中心静脈分枝閉塞症

網膜中心静脈
分枝閉塞症

網膜中心静脈分枝閉塞症OCT像

網膜中心静脈
分枝閉塞症
OCT像

 

網膜剥離
網膜剥離

網膜剥離

網膜は薄い膜ですが、10層から成り立っています。そのうち、「網膜色素上皮細胞」と「神経網膜」とは、接着が弱いので、何らかの原因でその間がはがれて、硝子体の中に浮き上がってしまうことがあります。この病気が「網膜剥離」です。

 

網膜裂孔:光凝固後

網膜裂孔:光凝固後

網膜剥離は、「裂孔原性網膜剥離」と呼ばれる網膜に裂孔(裂け目)を伴うものが一般的です。ボールが目に当たるなど、強い力が目に加わって網膜が剥離してしまう「外傷性網膜剥離」も、裂孔原性網膜剥離のひとつです。

 

網膜剥離は、「飛蚊症(ひぶんしょう)」「光視症」「視野欠損」「視力低下」で見つかることがあります。視界に急な変化があった場合には、是非精密検査を受けてください。

網膜格子状変性と網膜裂孔に対しての光凝固術後

網膜格子状変性と網膜裂孔に対しての光凝固術後

裂孔原性網膜剥離

裂孔原性網膜剥離

 

網膜剥離は、軽度なうちならば、左の写真のように網膜光凝固術で治療できます。右の図のように大きく剥離してしまった場合は、入院して手術を受けることになります。

したがって飛蚊症は放置せず早めに受診することをお勧めします。
光凝固術は5〜10分程度で終わり、痛みも少なく治療できます。費用は3割負担の方で35,000円〜55,000円程度です。


トップページに戻る診療のご案内ページに戻る