ひかる眼科の診療案内

院長の「やさしい」目の病気解説

ものもらい

症状

「ものもらい」とは、一般的には麦粒腫を指します。そのほかにも、霰粒腫を意味することもあります。

なお、この病気には、その地方によって「ものもらい」「めばちこ」「めばち」「めいぼ」「めぼ」など様々な呼び方があります。

皮膚表面に常在する菌により起こるため、あまり伝染しません。

始めはかゆく、次第にまぶたが赤く腫れて痛むようになります。まぶたの外側にできる外麦粒腫はまばたきをした時に異物感がある程度ですが、内側にできる内麦粒腫はかなり痛みがあります。ひどくなると、化膿して膿(うみ)が出てくることもあります。

原因

ものもらいのうち、麦粒腫は、まぶたの表面についている細菌が分泌腺に入り、感染して化膿したものです。まぶたのふちにある脂腺に、細菌が感染して起こります。

原因となる細菌は主に「ブドウ状球菌」で、この菌の感染により生じます。まぶたの不衛生、汚い手で触ること、コンタクトレンズの汚れ、体調不良、 多量の飲酒などが原因としてあげられます。

治療

ものもらいを治すには、抗生物質の点眼薬・眼軟膏などの外用薬や、内服薬を用います。薬を使うと2〜3日で症状が軽くなり、4〜5日すると治るのが普通です。

症状が出てからあまり長く様子を見てしまうと、病気が進行してしまい薬だけではなかなか治りません。そのため、2日間の改善がなければ、受診することをお勧めします。膿がたまって大きくなった場合や、難治性の場合には、切開して膿を出し治療します。

関連リンク


トップページに戻る診療のご案内ページに戻る