ひかる眼科の診療案内

院長の「やさしい」目の病気解説

白内障と手術

「白内障」の初期の症状は、「まぶしい」「目がかすむ」というものです。進んでくるとメガネをかけても見えなくなってしまいます。

人の眼に入ってきた光は、角膜、水晶体を通って、網膜に像を結びます。このうち水晶体は、カメラのレンズに相当する役割を果たしています。

正常な水晶体は透明で光をよく通しますが、水晶体が濁ってしまうと、光がうまく通らず、物の見え方が悪くなってしまいます。これが白内障です。

原因

白内障の原因は主に「加齢」です。どなたでも年齢とともに白髪やしわが増えるのと同じです。そのほか、糖尿病やアトピー性皮膚炎などの方は早めに発症することが知られています。

治療

白内障が軽いうちは点眼薬でしばらく様子を見る場合もあります。しかし、点眼薬をつけても若返ることはないので、良くなることはありません。そのため、見辛くなった時には手術が必要になります。困った時が手術の時、と考えてください。最近の研究では、白内障手術を受けた場合には転倒の危険性が減少すると報告されています。高齢者は骨折後に入院や寝たきりということも多く、それを防ぐためにも手術を検討すべき時があるとされています。

白内障の手術は、濁ってしまった水晶体を取り出し、代わりに人工の眼内レンズを入れるというものです。多くの場合、後ろの膜(後嚢)を残して、水晶体の硬い部分(核)を超音波で砕いて吸い出し、そこに「眼内レンズ」を挿入します。眼内レンズの寿命は非常に長く、いったん眼の中に挿入すると取り替える必要はありません。


眼内レンズ挿入の図

白内障手術は、医師の努力と医療機器の進歩によって短時間で終わるようになりました。そうはいっても、眼を切ってその中に手を加えるという大変緻密な手術ですから、手術後のケアはとても大切です。眼の中にバイ菌が入ったり、強い炎症が起きたりすると、取り返しのつかないことになることもあります。術後に処方される点眼薬は、感染を防ぐ抗生物質と炎症止めの目薬を、指示されたとおりにつける必要があります。

術後は許可がでるまで、顔を直接洗ったり自分で髪を洗ったりしないでください。傷口がふさがるまでは、慎重に考えなくてはいけません。眼や頭をぶつけることもよくありませんので、体を大きく動かす運動や埃っぽい場所も控えましょう。

ただし、テレビを見たり本を読んだりしても大丈夫です。良くなった視力を楽しみましょう。

手術後には、それまでのメガネは合わなくなります。しばらくは度数が不安定ですので、眼の状態が落ち着いてから作り替えましょう。作り替える時期は、術後1か月程度が目安です。

 

白内障手術の大事な話

1.近視もなおる!

白内障の手術は眼内レンズを目の中に入れて終わります。眼内レンズにもメガネと同じように様々な度数があり、度数の選び方によって見え方が違ってきます。例えば子供の頃から強度近視で分厚い眼鏡が手放せなかった人も、眼内レンズの選び方次第で手術後には裸眼で運転を出来るようになります。強度近視の方にとってはまさに一石二鳥です。特に女性の方はお化粧がしやすくなり、術後にはとっても明るい笑顔を見せてくれます。

一方、「読書が好きだけど、遠視が強くて読むとすぐ疲れてしまう」という方は、ピントを近くに合わせましょう。裸眼で新聞も読めるようになります。眼内レンズの度数選び方次第で快適な生活を送ることができます。意外と知られていない大事なことなので、時間をかけてよく考えてもらっています。

2.見え方が若返る?!
多焦点眼内レンズ

眼鏡を極力使いたくないというアンチエイジング志向が高まる近年では、多焦点眼内レンズの注目が高まっています。このレンズを入れると遠くも近くも見えるようになるため、眼鏡をかける必要性がぐっと減ります。新聞を読もうと思って老眼鏡を探していた方はその必要がなくなります。

通常の眼内レンズと多焦点眼内レンズとは、それぞれ長所と短所があるため、診察の際に詳しく説明しています。多焦点眼内レンズには種類があります。このレンズを入れる手術は先進医療となるため、手術費用のみ自費となります。当院は厚生労働省の先進医療の認可を得ているため、手術費用以外の術前と術後の診療費は健康保険を使うことが出来ます。また、医療保険に加入されている方のうち、「先進医療特約」を申し込んでいる方は、手術費が保険から給付されます。

3.究極の眼内レンズ

一般の多焦点眼内レンズ(回折型レンズ)…は遠くと近くの2点にピントが合うような構造でした。
例えば

  • 買い物で陳列商品を眺めながら手に取った商品の値段が見える。
  • 旅行先でガイドブックも見えて景色も良く見える。
  • ゴルフで打球も追えてスコアブックも見える。

しかし中間距離のピントが甘い、なんとなくシャープに見えない、夜間車のヘッドライトがにじんで見える(グレア、ハロー)などの欠点がありました。これは回折型レンズ(レンズの光学部中央から同心円状にリングがデザインされている)の構造上目に入った光エネルギーが約20%損失するためといわれています。

最近ではドイツ、ベルギーから輸入した最新の多焦点レンズも使用することができるようになりました。これにより従来の眼内レンズの欠点を克服し、患者さんにより良い視力を提供することができます。

LENTIS(レンティス) MPlusシリーズ

乱視矯正のないレンズ


乱視矯正のないレンズ

LENTISはレンズ半分を遠用、半分を近用と見る部分を明確に分けた構造(分節屈折型)になっています。光エネルギーの損失を7%まで抑え、瞳孔に入る光の90%が、遠方、近方のどちらかに焦点を合わせます。これによって夜間の車のヘッドライトのにじみや、なんとなくシャープに見えないなど今までの多焦点眼内レンズの欠点を克服しより明るく、鮮明に像が見えます。0.50Dきざみでの度数選択が可能で、強度近視、強度遠視の方にも対応可能です。レンズは海外より発注しますので納期まで2〜4週間かかります。

LENTIS(レンティス) MPlus Toric

乱視矯正レンズ
乱視が強いと術後の裸眼視力がでにくくなり、せっかくの遠近両用レンズの効果も減ってしまいます。乱視矯正レンズを使用することで、術後の裸眼視力の向上が望めます。度数は0.01Dきざみ、乱視軸は1度きざみでの細かい対応が可能で、完全オーダーメイドの世界で1枚のレンズを提供することができます。海外に発注しますので、納期に約4〜6週間程かかります。

FINE VISION(ファインヴィジョン)
3焦点眼内レンズ

3焦点眼内レンズ
遠近両用のレンズを入れると遠くも近くも眼鏡なしで見えるようになります。ただ、仕事上ほとんどの方が使われるパソコンなどの中間距離は見えにくいという欠点があります。それを補える遠方、中間、近方が見えるトリフォーカルレンズがあります。特に現役でバリバリ仕事をする方にはおすすめのレンズです。
先進国では、ヨーロッパを中心に約20%以上がこのようなプレミアムレンズを選び、FINE VISIONは現時点で使用できる最先端のレンズとなります。もちろん乱視矯正レンズの用意があります。トリフォーカルレンズは眼の症状によっては適応、不適応がありますので、手術前に担当医師とよく相談して手術を決めて下さい。

 

手術費用

当院での多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は先進医療として取り扱いができますが、LENTIS、FINE VISIONは日本未認可のレンズとなりますので、全額自費診療となり、先進医療としての扱いはできません。手術費用には術前、術後4ヶ月までの検査、診察、薬剤費が含まれます。

LEMTIS、FINE VISIONは海外より発注をしますので発注後のキャンセルはできません。前金を納めて頂いた後レンズを発注いたします。手術をキャンセルする場合にはその前金をキャンセル料に充当させて頂きます。

手術当日は合計の手術費用から前金を引いた差額をお支払頂きます。

手術費用(片眼あたり)前金
LENTIS Mplusシリーズ 490,000円+消費税 140,000円
LENTIS Mplus Toric 560,000円+消費税 190,000円
FINE VISION 520,000円+消費税 140,000円
FINE VISION Toric 580,000円+消費税 190,000円

 

最後に

世の中の情報の8割は目から入ってきます。必ずしも多焦点眼内レンズがいいということではありませんが、人生の質は大きく変わることを想像して選ばれることをお勧めいたします。


トップページに戻る診療のご案内ページに戻る