ひかる眼科の診療案内

院長の「やさしい」目の病気解説

眼瞼けいれんとボトックス

症状

「眼瞼(がんけん)けいれん」は、目を取りかこむ「眼輪筋(がんりんきん)」という筋肉が、自分の意思に関係なくけいれんする病気です。

まばたきが増えたり、まぶしさを感じたりすることから始まり、症状が重くなるとまぶたが開かなくなって、目が見えない状態にまで進んでしまうこともあります。まぶしい光やストレスは、これらの症状を悪化させます。

症状の進行はゆっくりしていますが、そのまま放っておいて自然に治る病気ではありません。多くの場合、次第にけいれんの回数が増し、日常生活や仕事に大きな支障をきたすことになります。

原因

眼瞼けいれんの原因は、はっきり分かっていません。40歳から70歳の中高齢者で発症することが多く、男女の比率はほぼ1対2で女性に多くみられます。睡眠導入剤の内服をしている方によく見られます。また、ドライアイと診断されたまま有効な治療を行っていない方も多いようです。

治療

眼瞼けいれんの治療方法には、「手術療法」「飲み薬による治療法」、そして「特殊な注射薬(ボトックス)による治療法」があります。

手術療法

目のまわりの筋肉の一部を切除する「眼輪筋部分切除術」や、目のまわりの筋肉を支配している神経を切断する手術などが試みられています。

眼輪筋部分切除術では、一部の施設から良好な治療成績が報告されています。

一方、神経切断には、再発が多く、顔のほかの部位が麻痺することがあるといった欠点があります。

飲み薬

「筋弛緩薬」「抗てんかん薬」「抗不安薬」などが試みられていますが、効果は十分でないことが多いのが現状です。

特殊な注射薬(ボトックス)

最近では、特殊な薬剤を目のまわりの筋肉に注射し、人工的に軽い顔面神経麻痺を起こさせることによって、けいれんの症状を抑える治療方法が用いられています。この薬を「ボトックス」といいます。このボトックスを少量ずつまぶたの周りに注射することで、まぶたの過剰な動きを抑制していきます。

ボトックスは、美容外科でしわ取り効果を狙って積極的に導入されています。眼瞼痙攣であれば、保険適応となりますので、健康保険証がつかえます。

治療費は、3割負担の方で17,000円程度です。

関連リンク


トップページに戻る診療のご案内ページに戻る