ひかる眼科の診療案内

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーについて(こんの眼科にて)

オルソケラトロジーは、起きている時間を裸眼で過ごせる治療方法です。

眼鏡から解放されたい、眼鏡はどうしてもかけたくないという方にはおすすめです。また、コンタクトレンズを使っているけれど夕方からドライアイを感じている方にも相応しい治療法です。

スポーツを本格的にやっている方はスポーツに集中しやすい環境を整えることが出来ます。浦和地区では、サッカーが非常に盛んで、浦和レッズユースに属している方もいらっしゃいます。砂ぼこりの中だと眼鏡やコンタクトレンズでは支障を来すこともあり、安心してプレイできることは大事なことです。また、水泳の選手コースに入っている方にも喜ばれます。水泳用の度付きゴーグルもありますが、プールサイドに上がってコーチの話を聞く時などはゴーグルを外しても見えます。また、スキューバダイビングの際も安心してマスククリアできます。

それ以外にもさまざまな理由で裸眼での生活を送りたい方がいらっしゃいます。

成人していれば、レーシックなどの手術治療はあります。しかし、どうしても怖くて、手術を受ける気になれない方もいらっしゃいます。未成年の方は手術後に更に近視が進むこともありますので、手術適応は慎重にならざるを得ません。

その点、オルソケラトロジーは、手術のようなものではなく、可逆性(着けなければもとに戻る)ですので、それほど怖いものではありません。度数が進行した場合も、身体にメスを入れないで調整出来ます。

だからといって、どなたでも適応になる訳ではありません。不適応には、いくつかの要因があります。表にまとめてみましたので、果たして自分には合っているのか、よく考えて進めましょう。

医学的な要素

  • 強度の近視・乱視の方
  • 眼科疾患がある方
  • 強度なドライアイの方
  • コンタクトレンズ装用によってアレルギーが出たことがある方
  • レーシックなどの屈折矯正手術を受けている方
  • 円錐角膜の兆候がある方
  • レンズ装用により悪化するような疾患がある方
  • その他、装用に不適と判断された方

社会的な要素

  • 精神疾患のある方
  • レンズを適切に使用できない
  • 定期検査に通えない
  • 必要な衛生管理が行えない
  • 極度に神経質である

オルソケラトロジー総合サイト


トップページに戻る