ひかる眼科の紹介

院長あいさつ

ひかる眼科の方針は「正確」かつ「迅速」という、相反する目標を掲げています。
病気の背景を考慮しながら、必要とされる眼科医療の提供を目指したいと思います。
そして、患者さんとともにQOV(Quality of Vision:見ることの質)を高め、ともに歩めるような医療を志してまいります。

根拠に基づいた最新の医療を現状に甘んじることなく積極的に取り入れ、「視力の質の向上」に貢献していきたいと考えます。

目のことなら、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。
どうぞ、よろしくお願い致します。

院長 葉山 文恵(はやま ふみえ)

ひかる眼科理事長

理事長  今野泰宏

医療法人社団泰成会
理事長 今野 泰宏
(こんの やすひろ)

小さなお子さんから高齢者まで、生活背景を考慮しながら最善の治療方針を選択し、できる限りやさしく分かりやすい説明をこころがけています。

患者さんの未来を思い描き、そこへ思いやりというエッセンスをふりかけたような診察にしていきたいと思っています。

理事長経歴

1989年
新潟大学医学部卒業
東京大学医学部眼科学教室入局
さいたま赤十字病院に勤務
東京大学医学部大学院にてぶどう膜炎の免疫遺伝子学的研究で医学博士の学位取得
東京女子医科大学糖尿病センター眼科に勤務
2001年
「こんの眼科」開院
東大病院臨床登録医、東京女子医科大学糖尿病センター眼科非常勤講師を兼任

日本眼科学会専門医

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本白内障学会
  • 日本糖尿病眼学会
  • 日本コンタクトレンズ学会

診療方針とひかる眼科の概要

ひかる眼科では、大学病院で行われるような高いレベルの診療を身近に提供できるよう考えております。そのために、最新の医療機器をそろえております。また、東大病院などの専門性の高い経験豊富な非常勤医師の診察の日も設けて診療体制を築いております。これは、いざという時のバックアップとして安心できる体制につながっております。

白内障手術は日帰りで行っております。術後は明るい生活が待っており、活動範囲が広がった、いろいろなことが自分自身でできるようになった、とご家族にも満足いただいております。(手術は「こんの眼科」にて行っておりますので詳しくはスタッフまでお尋ねください。)

初期の近視に効果のある訓練機(WOC)もあり、多くのお子さんが通われています。また、オルソケラトロジー(ナイトコンタクト)の相談も行っております。サッカー少年や水泳選手など、日中はメガネやコンタクトレンズを使わずに生活したい、という方に大変喜ばれています。


トップページに戻る